uronnekobibouroku
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
背中で語る
哀愁漂う後姿

チィさんはあまり鳴きません。
何かして欲しい事がある時は
真ん前に来て無言でじっと見つめるか、

背中で語ります。


・・・お食事になさいますか ブラッシングになさいますか。
CAT comments(3) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








猫は背中で語りますよね…。
遊んでる時ふっと、後を振り返えられると、退屈なのかな?とか思ったりして、いろいろやって、こっち向いて〜(ToT)と思ったり…。
大好きな人の帰りをまっていたりすると、かわいかったり、待ち人に少しや気持ち焼いたり…。

猫の背中は小さいのに沢山の事を想像してしまいます。
from. 瑠杏 | 2005/08/13 17:21 |
「や気持ち」じゃなくて「ヤキモチ」でしたね。トホホ…^_^;
from. 瑠杏 | 2005/08/13 17:41 |
本当ですね。
小さいけれど色々な想いをさせてくれる背中です。

あ、猫背が撫でたくなりました。
行って来ます。
from. うろね | 2005/08/14 02:48 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://uronnaneko.jugem.cc/trackback/339
<< NEW | TOP | OLD>>