uronnekobibouroku
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
羊毛の犬
母に何を贈ろうかと考えて、
買ってきた物ではきっと喜んでもらえないから
フェルティングで作る事にしました。

羊毛だけど犬

母が今もよく思い出す事があるという犬。
昔、僕がまだ小さかった頃に飼っていたダックスフンド。
セブという名で、確かウルトラセブンから取った名前でした。

セブは何かを貰うと、すぐに庭に埋めてしまいます。
好物であればあるほど深く穴を掘り、大切そうに土を被して隠します。
そうしてその事をすっかり忘れてしまうのです。
「埋めないですぐにお食べ」と言ってあげるのだけれど、
それでもセブは嬉々として穴を掘り続け、庭中穴だらけにして宝物を埋め
満足そうにこちらを見て尻尾を振ります。
そして二度と掘り返す事はありません。


羊毛犬

家族が新しい住まいに越す事になった時、
新しい住まいはペット禁止のマンションで
犬は飼うことが出来ないのだと言われました。
僕は随分駄々をこねて両親を困らせた様です。
セブは兄の知り合いの、養鶏場を営んでいる家に貰われていきました。

マンションに越してみると、原則としてペット禁止とは言うものの、
こっそり隠れて飼っている人たちはいて、
エレベーターでそうした人たちが犬を散歩に連れ出すのに出会す度、
悔しくて、管理人までが犬を飼っていると知った時、
どうしてセブを手放さなければならなかったのか
父にしつこく尋ねて食い下がったのを憶えています。

“タテマエ”や“ショウジキモノガバカヲミル”に
始めて出会った瞬間でした。
そうしてそのまま、理不尽也!と憤ったまま大人になってしまったので、
その後も色々と不都合な目に遭う事となるのです。
“タテマエ”や“ショウジキモノガバカヲミル”と、
僕はどうしても巧く折り合いをつけられませんでした。

母が思い出すセブの姿は、いつも寒がっていて、家の中に上がりたがっています。
今でこそ“お座敷犬”は珍しくもないけれど、
厳しかった父は、犬を座敷に上げる事をけして許しませんでした。

母が毛布を掛けてやると、セブはそれを咥えて上手に包まります。
鼻先だけを毛布から出して、海苔巻きみたいになったセブは、
僕や母の記憶の中で、今も自分の掘り返した穴だらけの庭に居ます。


セブは貰われて行った先で、夏は涼しく、
冬は暖房のよく利いた養鶏場で鶏たちの番をして暮らしました。
外で震えて過ごすよりも、ずっと幸せだったかも知れません。

雪が積もった朝、セブは大喜びで散歩に出掛けました。
雪の中に鼻先を突っ込んで真っ白な道を大はしゃぎで駆け抜け、
小さな咳を一つして、それから静かに雪の中に横たわりました。

母からその話を聞かされた時、ああ、セブらしい最期だな、
というのが僕の正直な感想でした。
哀しくて、可笑しい。
勿論、沢山沢山泣いたけれど。


公園のすべり台が大好きだったセブ。
僕の小さな兄弟だったセブ。
僕の兄貴のつもりでいたセブ。
僕の言うことはちっとも聞いてくれなかったセブ。

僕は君が大好きだった。


セブ



 


CRAFT comments(11) trackbacks(0)
Polar Bear
学名Ursus maritimus
Polar Bear
北極熊をフェルトで制作してみました。

折れまくるフェルティング・ニードル

兎に角針が折れまくりました。 折れた針の数、合計八本。

シロクマさんです

胴長短足おなかぽっこり・・・あ、なんか親しみが・・・

シロクマさんなのに猫背です

本当は鋭いかぎ爪を付けたかったのだけれど。

哀愁の後ろ姿

哀愁の後ろ姿。

CRAFT comments(8) trackbacks(0)
肩に蛇
ウールのシャツに蛇のアップリケをしました。

首に巻きつく蛇

背中には蜥蜴がいます
CRAFT comments(1) trackbacks(0)
蛇使いのコート
髑髏のウールコートに更に羊毛アップリケを追加。

胡乱なウールコート

どんどん胡乱に。

腕に巻き付く蛇

背中に髑髏。
腕に蛇。

外で着られるかな…
CRAFT comments(0) trackbacks(0)
羊毛大戦
大戦中のドイツで医師たちが着用していたというウールのドクターコートに
羊毛で髑髏のアップリケをしました。

胡乱な後ろ姿

襟も裏地もポケットもない簡素なものですが、
だからこそアップリケの土台にもってこい!

胡乱な紋章

胸には怪しげな紋章を。

羊毛髑髏

アップリケはこれからまだまだ増えそうです。

CRAFT comments(0) trackbacks(0)
怪談本専用おばけブックカバー
羊毛チクチク

無印のフエルト製ブックカバーに羊毛でアップリケ。
上はmさん作“砂漠を旅するアリクイ”。
ぼくのは怪談本専用おばけブックカバー。
中身は当然…
CRAFT comments(6) trackbacks(0)
羊毛の猫
グシグシ

グシグシ

ザクザク

ザクザク

チクチク

チクチク

羊毛の猫の出来上がり。

羊毛なのに猫なんです

喜んでもらえるかな?

喜んでくれるかな?

北海道でお世話になった御礼にはゆちゃんを作りました。
キタキツネみたいなフサフサの尻尾や、
キラキラした目を持つ本物のはゆちゃんの可愛さには遠く及ばないけれど、
一針一針、心を込めて。


CRAFT comments(9) trackbacks(0)
めんたま
めんたま
CRAFT comments(0) trackbacks(0)
黒蜥蜴
背中の蜥蜴、捕ったげようか

背中には黒蜥蜴のアップリケ。
CRAFT comments(0) trackbacks(0)
血痕アップリケ
ケチャップ?

シャツに羊毛で血痕のアップリケをしてみました。
CRAFT comments(1) trackbacks(0)
<< | 2/3 | >>